特注什器・特注ケース、内装工事、簡易手洗ユニットの置くだけ手洗い「おく洗」

特注家具・特注什器・特注ケース、内装工事 | 簡易・仮設手洗いの「おく洗」

特注什器・特注ケース
特注什器・特注ケース
独自のシステム 「箱だけ」
製作例・施工例
店舗企画・設計・施工
よるある質問

置くだけの手洗い「おく洗」
おく洗注文書のダウンロードはこちらから
置くだけの手洗い 「おく洗」
使い方と仕様
特注・カスタマイズ
ご購入の流れ
製品使用上のご注意
よくある質問

「箱だけ」で作る組立収納
「箱だけ」で作る組立収納
作品集・製作例
よくある質問

設置・移設が楽々「温浴ユニット」
温浴ユニットの製造販売
特設サイトはこちら

インフォメーション
会社概要
グループ会社
業務・施工レポート
個人情報保護方針


置くだけの手洗い「おく洗」

おく洗の使い方

1.設置場所の確認と水のご用意を。

本製品の使用には100V電源が必要です。設置場所の近くにコンセントがあるかを確認してください。設置場所が決まりましたら給水用ポリタンクに水を入れて本体にセットします。

使用方法①

2.給水用ポンプと排水ホースをセット。

水の入った給水用のポリタンクに、出来るだけポンプを垂直にして、ポンプ付き給水用ホースを差し入れて下さい。排水用ポリタンクに何も入ってない事を確認後、排水用ホースを差し入れて下さい。排水用ホースを入れ忘れてしまうと、本体内部に水浸しになってしまいますので、ご注意ください。

使用方法②

3.プラグを差してスイッチを押します。

水の用意、給排水ホースのセットが終わったら本体の電源プラグをコンセントに差し込みます。電源ボックスの右側に給水用スイッチがあります。 こちらのスイッチのON/OFFで水の出し止めをすることができます。スイッチには防水カバーが付いています

使用方法③

4.水の残量にご注意ください。ポンプの空運転は故障の原因に。

給水用ポリタンクの水が少なくなってきたら、水を追加して下さい。水の追加と同時に排水用ポリタンク内の水を捨ててください。水を捨て忘れてしますと、ポリタンクから水が溢れてしまいます。またポンプは空運転を行うと故障の原因となります。水が少ない状態でのご使用は故障の原因となりますので、水を十分に追加してご使用ください。

使用方法②

仕様

おく洗 ベーシックタイプ
おく洗とは?(写真)
給水スイッチ(防水仕様) 蛇口用ボックス裏面 キャスター(ストッパー付)
洗面ボウル(ステンレス) スライド蝶番を使用  
商品名 置くだけの手洗い「おく洗」
希望小売価格 ¥128,000 (税抜)
基本カラー 天板 : ホワイト(化粧板仕上げ) / 本体 : ホワイト(化粧板仕上げ)
サイズ W 450 × D 450 × 天板まで H 680 / 総高さ H 1005
本体
下地 : 木材 / 仕上げ : 化粧板
洗面台 ステンレス 外径 290 内径 270
ホース 軟質塩化ビニール
タンク ポリエチレン ※保温機能無し
スイッチ 給水用(防水型)
電源器・ポンプ PP (ポリプロピレン)
入力 AC-100V,50/60Hz,17VA
出力 DC-10V,1.0A
「おく洗」ベーシックタイプのパンフレット、図面
 

© 2007-2015 株式会社 日本箱産業 ALL RIGHTS RESERVED.